便座に座って笑顔を向ける小さな男の子

間取り変更なしでもできる?トイレを広く快適にするリフォーム方法とは

水まわりの中でも使用頻度が高いトイレ。毎日何度も使う場所だからこそ、心地よい快適な空間にしたいですよね。

 

うちの狭いトイレを広くすることはできるのかな?

 

心配ありません。トイレを広くリフォームする方法はあるのです。そこで、今回の記事では、付きの3つについて紹介します。

・間取りを変更せずに、トイレを広く快適にするためのリフォーム
・リフォーム費用
・快適にするためのポイント

 

トイレを広く快適にするリフォームの方法は?

黄緑の壁の部屋に設置されたトイレの便器

トイレを広くする=「間取りを変える」と思い浮かぶのではないでしょうか。今あるトイレを広く改築することは時間も費用もかかってしまううえ、家の構造上できない場合もあります。

そこで今回は間取りを変更することなく、トイレを広くする方法を2つご紹介します。

 

方法その1:トイレ本体の種類を取り替える

限られた空間の広さを大きく左右するトイレ本体。洋式トイレはタンク・便器・便座の3つから作られており、大きく分けて「タンクレストイレ」「組み合わせトイレ」「一体型トイレ」「システムトイレ」の4タイプあります。それぞれ機種によって寸法やデザイン、使い勝手の違い、メリット・デメリットがあり、どのタイプを選ぶかで空間の広さも変わってきます。

 

例えば、トイレの種類を「タンクレストイレ」や手洗い器と収納が一体になった「システムトイレ」など、見た目がスッキリとしたトイレに交換することで、空間は広く感じられます

 

タンクレストイレのメリット・デメリット

水を溜めておくタンクがない、温水洗浄便座+便器タイプのトイレ。タンクがない分トイレ空間のスペースも広がります。また、標準装備で温水洗浄便座がついているのも特徴です。

 

メリット デメリット
・洗練されたデザインでオシャレ

・凹凸が少ないため掃除がしやすい

・水道直結式で連続で水を流せる

・コンパクトなので空間を広く使える

・節水効果がある

・トイレ本体に手洗いがない

(手洗いを別に設ける必要がある)

・価格が高め

・水圧が低いと使えない場合がある(※)

・停電時に不便(※)

・部分的な修理・交換が難しい

※水圧対策/停電対策されているものもあります

 

組み合わせトイレのメリット・デメリット

一般家庭によく使われているタイプ。便器・タンク・便座を組み合わせた形状で、タンクと便器がセットになったものに「別売りの便座」を自由に組み合わせるトイレ。便座はさまざまなメーカーの商品の中から選び、組み合わせられます。

 

メリット デメリット
・比較的安い価格帯

・要望にあわせた便座を選べる

・タンク上部の手洗いあり、なしが選べる

・部分的な修理・交換の対応がしやすい

・水圧を選ばず設置可能

・タンク式なので断水・停電時も対応しやすい

・タンクがある分、スペースが必要

・凹凸が多く掃除がしにくい

・連続使用の際、水量が足りなくなる場合がある

          

一体型トイレのメリット・デメリット

便器・タンク・温水洗浄便座が全て一体になっているトイレ。手洗い付きとなしが選べます。組み合わせトイレに比べコンパクト。

 

メリット デメリット
・凹凸が少ないため掃除がしやすい

・スッキリと一体感のあるデザイン

・タンク上部の手洗いあり、なしが選べる

・水圧を選ばず設置可能

・タンク式なので断水・停電時も対応しやすい

・手洗鉢が広く深いので手洗いしやすい

(手洗い付きの場合)

・部分的な修理・交換が難しい

・組み合わせトイレより価格が高め

・連続使用の際、水量が足りなくなる場合がある

・タンクが樹脂製で、全体の質感と手触りが異なる

 

システムトイレのメリット・デメリット

キャビネットの中にタンクや給水管を納めて見えないようにしているトイレ。収納一体型便器(タンクあり)+温水洗浄便座 or タンクレストイレ+手洗い器や収納など自分好みにカスタマイズできるセット商品です。

 

メリット デメリット
・収納スペースが確保できる

・凹凸が少ないため掃除がしやすい

・既存の給排水を利用し、手洗器の別設置が可能

 (大がかりな給排水工事が不要)

・セット商品なので完成後のイメージがしやすい

・設置可能な室内寸法 幅、奥行に制限がある。

・価格が高め

・部分的な修理・交換が難しい

 

このようなメリット・デメリットを踏まえ、トイレ本体はできるだけ奥行や幅が狭いもの、見た目がスッキリしているものを選べば空間は広がります。

 

方法その2:壁紙や床の色を変えて広く見せる

トイレ本体の取り替えは、限られた空間を物理的に広くする方法でした。もうひとつの方法は、壁紙や床の色を変えることです。そうすれば、トイレを「視覚的に広く見せる」ことができます。

 

空間を広く見せるためのポイントをご紹介します。

 

壁紙は、シンプルで明るい色を選ぶ

壁紙はトイレ空間の大部分を占めるので、圧迫感を与えない、シンプルで明るいホワイト系がおすすめです。光を反射し、狭い空間を広く見せてくれるだけでなく、清潔感を与え、インテリアも合わせやすくなります。

 

床の色は濃い色に

壁紙とは反対に、床の色は濃い色にするとよいでしょう。足元の空間が引き締まり、明るい壁紙がより強調されます。

 

トイレを広く見せるにはグラデーションを意識する

壁紙や床の色は、床→壁→天井と、濃い色から明るい色になるように選びましょう。グラデーションの効果で天井が高く見え、空間が広く感じられます。

 

トイレを広くする方法を2つご紹介しました。トイレ本体を取り替える際、見えていなかった壁や床のシミ、汚れが見つかることがあるため、トイレ本体の取り替えと同時に、壁紙や床のリフォームを検討することが多いです。

毎日何度も使う場所だからこそ、お掃除やお手入れのしやすさにも注目して、トイレや壁紙、床を選ぶのも快適さや居心地のよさを保つためのポイントです。

 

トイレをリフォームするのにかかる費用は?

赤いがま口財布を片手に首をかしげる女性

トイレを広くする方法は分かったけど、実際にどれくらいの費用がかかるのかしら…

 

リフォームを検討するうえで気になることはやはり、費用ですよね。実際にトイレを広くするために、「トイレ本体を取り替える」「壁紙や床の色などの内装を変える」リフォームをすると、どれくらいの費用がかかるのか、一般相場をみていきましょう。

 

トイレ本体を取り替える費用

トイレ本体を取り替える場合にかかる費用は、「新しいトイレ本体の費用」+「工事費用」+「古いトイレの処分費用」となります。選ぶトイレの種類、配管の位置や状態によっても大きく変わってきます。

 

【トイレの種類と価格】

本体の種類は予算や機能によって選ぶことができます。

便器と便座だけのシンプルなタイプ 約5万円~
脱臭や暖房・温水洗浄機能がついた

スタンダードなタイプ

約10万円~
タンクレス型や高機能なタイプ 約20万円~


【工事費】

工事費用は、トイレ本体を取り替えるだけであれば約3~5万円が目安ですが、電気工事が必要だったり、手洗い器を付けたり、内装に手を加えたりする場合など今あるトイレの状況、リフォーム内容などによって費用が変わります。

また、取り替え前のトイレが洋式か和式かでも工事費用は大きく変動します。

 

【トイレの処分費用】

古いトイレの処分費用は、約3,000~8,000円が一般的な相場です。

 

壁紙や床を変えるときにかかる費用

トイレの広さや今のトイレの状況によっても費用は変わりますが、一般的な0.5坪(おおよそ畳一枚分の広さ)のトイレの場合、壁紙の張り替えは約3~5万円、床の張り替えは約3~6万円が相場なります。

 

上記の金額はあくまで一般的な相場のため、実際にかかる費用については、住宅の状況、要望、依頼するリフォーム会社によっても異なります。まずは、リフォーム会社に自宅のトイレを見てもらい見積もりを依頼しましょう。

複数の会社に同じ内容で見積もりを依頼し、比較・検討することがリフォームに失敗しないポイントです。

 

わが家もできる?リフォームするために知っておくこと

青いドアにかけられた白い木製の「toilet」のプレート

トイレリフォームのイメージが湧いてきたんだけど、どれも素敵で迷っちゃうなあ…

うちにはどれがいいんだろう…

 

ここからは、「理想のトイレ」のイメージをよりリアルにし、後悔しない、失敗しないトイレリフォームにするために、知っておきたいことをご紹介していきます。

 

一般的なトイレの寸法を知ろう

今のトイレを広く快適な空間にするために、まずはトイレの広さを測ってみましょう。

その家その家によって広さは様々ですが、一般的に0.4坪・0.5坪・0.75坪の3種類の広さが多く採用されています。

一般的な分譲マンション 一般的な戸建て 広めの住宅
約0.4坪

(幅78cm×奥行123.5cm)

約0.5坪

(幅78cm×奥行169cm)

約0.75坪

(幅123.5cm×奥行169cm)

 

そして、次に新しく導入するトイレ本体の大きさをカタログなどで確認してみてください。タンク付きトイレとタンクレストイレの大まかな寸法は次のとおりです。

タンク付きトイレ タンクレストイレ
高さ100cm、幅45cm、奥行80cm 高さ45cm、幅40cm、奥行70cm

コンパクトなタイプもありますので、カタログ記載の寸法も確認しましょう。

快適なトイレに必要なスペースは?

トイレを広く快適にするには、空間に対するトイレ本体の大きさと配置場所が重要です。快適なトイレに必要なスペースについて確認しましょう。

トイレに必要な最低限のスペース

  • トイレ本体の奥行+トイレ本体の先からドアまで40cm
  • トイレ本体の幅+両サイドから壁まで15cmずつ

圧迫感のない快適な空間に必要なスペース

  • トイレ本体の奥行+トイレ本体の先からドアまで45~50cm
  • トイレ本体の幅+両サイドから壁まで15~20cmずつ

幅(左右)を広くしすぎると、トイレットペーパーが取りにくくなるので注意しましょう。

 

例えば、一般的な分譲マンションでタンク付きトイレを選んだ場合、トイレの広さは幅78cm×奥行123.5cm、トイレ本体は幅45cm×奥行80cmとなるので必要最低限のスペースは確保できます。トイレをよりコンパクトなタンクレスタイプにすれば、空間に余裕ができますね。

 

トイレの広さと購入したいトイレ本体の大きさを照らし合わせ、必要最低限のスペースが確保できるかを確認しましょう。

 

トイレリフォームの注意点

ここまでは、トイレの快適な広さについて知るために、トイレの広さや本体選びの例をご紹介しました。では、実際に自宅のトイレをリフォームするとき、思い通りのリフォームが叶うのでしょうか。

ここでは、最も中止いなくてはならない点について説明します。

 

チェックしておきたいこと
・排水方向と位置
・ドアの位置
・コンセントの有無と位置

 

中でも排水方向と位置は、トイレ本体の機種選びに最も重要なポイントになります。トイレの排水方向と位置についてご説明します。

 

トイレの排水方向と位置とは

トイレの排水方向には、トイレ本体下にあり排水管の見えない『床排水』と、壁に向かって接続した『壁排水』の2種類あります。

 

排水の位置とは、トイレの排水が流れる排水口の位置です。それぞれ、『床排水』には「排水芯(トイレ本体後方の壁から排水管中心までの距離)」、『壁排水』には「排水高(床から排水管中心までの高さ)」という規格があり、それらによって設置できるトイレ本体が変わります。

 

なお『壁排水』の場合は、排水管がトイレ本体の真後ろに抜けている「後方抜き」と、排水管が左右どちらかに抜けている「左右抜き」があり、これによっても設置できるトイレ本体が変わります。

 

「排水芯」や「排水高」は[実際の寸法]または[トイレ本体(便器)の品番]のいずれかにより確認できます。

[トイレ本体(便器)の品番]から確認するのが最も確実な方法です。

通常はトイレ本体(便器)側面の床付近にシールまたは印字があり、【C○○○○】など品番か記載されており、インターネットで検索したり、メーカーに問い合わせたりすることで確認ができます。

品番は基本的には「C」から始まる場合が多いですが、メーカーや機種によっては「B」「D」「G」やその他の文字から始まる品番もあります。

 

ドアの位置

ドアの位置は、トイレ本体の「正面入り口」か「横入り口」かを確認しましょう。トイレの広さにもよりますが、正面入り口の場合、身体を180度回転させてトイレに座るため、その分窮屈に感じやすくなります。トイレ本体、手洗い器などをよりスッキリ・コンパクトなものにするといいでしょう。

 

一方、横入り口の場合は、身体を90度回転してトイレに座るため、空間に余裕を感じられ、収納などを検討することもできます。

 

コンセントの有無と位置

温水洗浄便座など、機能付き便座を使用する際、電源が必要です。コンセントがない場合は、別途電気工事が必要になります。機能付き便座には電源コードが横についているタイプと後ろについているタイプがあるため、事前にコンセントの位置を確認しましょう。

 

また、便座は機能によって必要な電力が異なります。使用したい便座がどの程度電力を必要とするのかに合わせて、コンセントに感電防止のためのアースターミナルがついているのかをしっかりチェックしましょう。

 

自宅のトイレについて調べた情報は、メーカーのショールームを活用するときにも役立ちます。

 

ショールームを活用する!

トイレリフォームを検討するうえで、メーカーのショールームへ行くのがおすすめです。ショールームでは、専門のコーディネーターに希望の商品が自宅に設置できるのか確認したり、プロ目線の提案を受けられたりします。また、カタログやホームページだけではわからない商品の大きさや色、質感など、実際の商品を見たり触れたりすることで、リフォーム後のイメージをもっとリアルにすることができます。

 

ショールームへ行くときは、事前に調べた自宅トイレの採寸情報とあわせて、スマートフォンなどでトイレ全体、配管部分の撮影をしておくと状況が分かりやすくスムーズです。

 

まとめ

 

あなたの理想的なトイレ空間をイメージできたでしょうか?今回の記事では、今のトイレを広く快適にするためのリフォームについてご紹介してきました。トイレは毎日何度も使う場所だからこそ、心地よい快適な空間にしたいですよね。

今回の記事のポイント

  • トイレ本体の交換で空間にゆとりが出る
  • 空間を広く見せる内装は足元は濃い色→天井へ向かって薄い色のグラデーション
  • 費用は同じリフォーム内容で複数社に見積もりを依頼し、比較検討する
  • 自宅のトイレ空間の寸法に合わせて、快適なサイズのトイレ本体を選ぶ

あなたもトイレを広くリフォームして、理想的で快適なトイレ空間にしませんか?

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る