洗面と一緒になったトイレの個室

和式から洋式へ  今こそ我が家のトイレを快適空間に!

足腰が弱ってきて、和式トイレが辛いわ
洋式トイレにリフォームできるのかな

和式トイレから洋式トイレへのリフォームで気になるのが、費用や工事の流れ・工事期間ですよね。

この記事ではリフォームのおおまかな費用、工事の流れなどをご説明します。

またトイレのリフォームは、介護保険や自治体の補助金が支給される場合があります。トイレリフォームで気をつけたいことも合わせて紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

【和式から洋式トイレへ】リフォームの費用相場

カレンダーの上に置かれた黒い電卓

トイレの種類はたくさんあるみたい。リフォーム費用はどれくらい変わるのかしら?

トイレを和式から様式にリフォームするときにかかる費用は、一般的に20~80万円が相場です。タンクとトイレ本体のみのシンプルなものからハイグレードな機能がついたもの。費用は洋式トイレの種類によって大きく違います。

 

また、リフォーム費用には、トレイ本体だけではなく、各工事の費用がかかります。一般的な費用は以下の通りです。

 

費用=本体・周辺商品費用+工事費用(解体・設置)+内装工事費用

 

これから、リフォーム費用の内訳についてそれぞれご説明します。あなたの住まいでは、どのタイプのトイレを取り入れたいのか、どんな工事が必要なのかをイメージしてみてください。

トイレのタイプ

組み合わせトイレ便器、タンク、便座をそれぞれ組み合わせるトイレ

①【組み合わせトイレ】価格重視

出典:TOTO
特徴 価格目安
・普通便器

・タンク手洗いなし

・普通便座

4~5万

 

【組み合わせトイレ】便座温め機能付き

出典:TOTO
特徴 価格目安
・普通便器

・タンク手洗いあり

・普通便座

5~6万

 

【組み合わせトイレ】温水洗浄便座付き

特徴 価格目安
・防露便器

・タンク手洗いあり

・操作一体型 温水洗浄便座

11~12万

 

一体型トイレ…便器、タンク、便座がすべて一体型のトイレ

出典:TOTO
特徴 価格目安
・防露・節水・コーティング便器

・防露コーティングタンク手洗いあり

・温水洗浄便座

12~14万

 

タンクレストイレ…水を溜めるタンクがない最新型のトイレ

【タンクレストイレ】スタンダード

特徴 価格目安
・タンクレス便器 温水洗浄便座 一体型

・手洗いなし

・コンパクト手洗い器

22~25万

 

②【タンクレストイレ】ハイグレード

出典:TOTO
特徴 価格目安
・タンクレス便器 温水洗浄便座 一体型

・手洗いなし

・コンパクト手洗い器

・オート開閉

42~46万

解体・設置工事

リフォームの共通工事費用はおよそ20万円前後。ですが、設置するトイレのタイプや、元のトイレの状況により、追加工事が必要な場合があり費用は大きく変わることもあります。

共通工事

  • 解体工事
  • 木工事
  • 配管工事
  • 便器処分
  • 便器取り付け工事

追加工事の例

  • 段差撤去工事(元の和式トイレに段差がある場合)
  • 電気配線・コンセント設置工事
  • 温水洗浄便座設置工事
  • 手洗い器設置工事
  • 周辺機器取付工事 など

内装仕上げ工事

トイレは汚れやすい場所でもあり、和式から洋式トイレへのリフォームでは、一般的に床や壁のリフォームも行います。タイルの床や壁から壁紙(クロス)とクッションフロアの床に変更すると、掃除がしやすく、冬の寒さや転倒時のけがも軽減できます。

 

内装仕上げ工事

  • 壁紙張り替え(1畳程度)・・・3~5万円
  • 床張り替え・・・3~6万円

工事期間は2~3日!リフォームの流れとは?

作業服を着た男性がトイレを指さし点検している

念願のトイレリフォーム。工事期間はどれくらいかかるのかしら。

トイレリフォームにかかる工期は1~5日程度。一般的なトイレリフォームの工程は下記の流れで行われます。

【洋式トイレへのリフォーム】工事の流れ

1.既存の便器と下地の撤去

 ↓

2.配管工事、電気工事

 ↓

3.床下地工事

 ↓

4.内装工事(床・壁リフォーム)

 ↓

5.便器の設置

 

和式トイレから洋式トイレへの交換、温水洗浄便座取り付け(組み合わせトイレ)、床・壁リフォームで工期は3日です。さらに、トイレの場所の移動、トイレを広くする、手洗い場を新設するなど工事が増えると工期は長くなります。

 

【和式から洋式トイレへのリフォーム】気をつけるポイント

ドアが内開きの場合

ドアが内開きの場合、洋式トイレを設置するとスペースは狭くなってしまいます。ドアを外開きにすることによってトイレでも中で身動きが取りやすくなり、万が一、中で転倒してしまった際に助けやすいという利点があります。ドアの開閉でトイレスリッパが邪魔になることもないですね。

 

トイレスペースが0.3坪(半畳程度)より狭い場合

洋式トイレの設置に必要な広さは、0.4~0.5坪です。0.3坪程度であれば通常のタンク付き洋式トイレをつけることは難しいです。その場合、角にタンクを設置するタイプのトイレを選ぶのがよいでしょう。

また、タンクレストイレはタンク付きのトイレより小さいため、狭いトイレスペースにも設置できます。ただし、手洗い場がなくなるのでトイレの外に設置できるかの検討が必要です。

 

工事期間中のトイレ利用は?

工事期間中はトイレが使えなくなるので、その間のトイレの利用を考える必要があります。近隣の家に借りられるか、また工事期間が長くなりそうなら、業者に仮設トイレを借りられるかを相談してください。

 

補助金を受けられる?知っておくべき補助金制度

手すりが取り付けられたトイレの個室

介護しやすく、バリアフリー対応のトイレにリフォームしたいけど、補助金は受けられるのかな

トイレの「介護・バリアフリー」リフォーム、「エコ・省エネ」のためのリフォームで補助金申請できることがあります。リフォームに対する補助金は、国が主導で全国で利用できるもの、自治体が独自に実施しているものとさまざまな種類があります。

 

・高齢者や身体障がい者のためのリフォーム

・省エネのためのリフォーム

 

これら2つに該当するリフォームなら、国や自治体で補助金を受けることができます。

 

介護保険での補助金申請(国からの補助金)

介護保険は、介護を必要とする人に少ない費用負担で、介護サービスを利用できるように作られた国の制度です。介護保険の利用で、「住宅改修費」としてリフォーム費用の一部が支給されることがあります。

 

介護保険を利用できる条件

 ①「要介護」「要支援」と認定されている。

 ②リフォームをする現地住所が、介護保険被保険者証に記載されている住所と同一で、かつ本人が実際に住んでいる。

 

支給される金額

補助金の利用限度額は20万円ですが、自己負担額の割合は所得によって変動します。1割負担、2割負担、3割負担の3段階に分かれており、最大で18万円の補助金が支給されます。

 

【介護保険での補助金申請】気をつけるポイント
①申請に必要な「住宅改修理由書」は、ケアマネジャーや福祉住環境コーディネーター2級以上の保有資格者にしか作成できない。

②工事を行う前に、申請が必要である。申請後、承認されてからリフォーム工事をしなければ、支給は認められない。

③介護保険利用の対象者であるかの判定を受ける必要がある。

④たいていの補助金制度は予算の上限に達すると閉め切られてしまうので、早めに申請した方がよい。(新年度に募集開始し、夏・秋ごろに受付終了することが多い)

⑤自治体によっては、リフォーム工事プランの提出も必要である。

 

 

 

各自治体による補助金申請

地域経済の振興策の一貫として、自治体によるリフォーム補助金制度があります。対象となるリフォームは、節水性の高いトイレへの交換のような「省エネ化」や、高齢者や身体障がい者のための「バリアフリー化」などさまざまです。

補助金の実施の有無や条件は各自治体によって異なり、リフォームを行う前に自分の住んでいる市町村で補助金制度があるかどうか確認してください。

 

まとめ

いかがでしたか。トイレリフォームの費用は、トイレ本体の価格によって幅がありますが、機能をたくさん付けなければ、30万円程度でリフォームが可能です。洋式トイレは清潔で衛生的、足腰への負担を抑えられます。また、現在発売されている洋式トイレは節水できるものもあります。

 

補助金などを活用して快適なトイレにしてくださいね。 

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る